概要

めまいやふらつきは人によって表現が異なり、回転性めまい(目がくるくる回る)やふらつきがある、平衡感覚がおかしい、立ちくらみがある、ぼーっとするなどと表現されます。
また、吐き気や嘔吐、難聴、耳鳴などを伴うこともあります。
めまいは、内耳の中にある三半規管や前庭といった平衡感覚をつかさどる部分が障害を受けて生じることが多いため、耳鼻咽喉科の病気が原因になっていることが大半です。めまいやふらつきがある場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。

原因

良性発作性頭位めまい症

めまいの中でもっとも多い病気です。特定の頭の位置や頭を動かすこと(多くは寝返りをうった時、朝の起床時など)により起こる回転性めまいです。めまいは数秒から数十秒でおさまり、難聴や耳鳴は伴いません。内耳にある耳石の一部がはがれて三半規管の中を浮遊し、頭を動かすと移動するためにめまいが起こります。耳石を消失させるためにめまい体操が有効ですので、当院でもめまい体操の指導を行っております。ご気軽にご相談ください。

メニエール病

フランスの医師メニエールが1861年に初めてめまいの原因の一つに内耳性のものがあることを報告したことに由来していますが、残念ながら彼が生存中には命名されませんでした。難聴や耳鳴、耳のつまり感などの耳の症状を伴う、めまいを繰り返す病気です。めまいと耳の症状は連動することが多く、発作を繰り返すにつれて悪化することがあります。また、めまいだけ、あるいは耳の症状だけといったように、どちらか一方の症状だけが増悪を繰り返す例もあります。この病気は内耳のリンパ液が過剰な状態(内リンパ水腫)により症状が出現します。その誘因としてストレスが関与していると考えられています。    

前庭神経炎

前庭は内耳の一部で、平衡感覚をつかさどる器官があります。前庭神経を介して脳につながっています。前庭神経炎はおそらくウイルスが原因だと考えられており、前庭神経の炎症によって引き起こされます。突然の激しい回転性めまい発作が特徴で、7~10日間続く激しい回転性めまいの発作が1回だけ起こる場合がありますが、多くは最初の発作から数週間にわたって軽い回転性めまいの発作が起こります。回転性めまいは最初激しく、数日のうちに徐々に弱まりますが、平衡感覚の不調は長くて数カ月残ることもあります。難聴や耳鳴は伴いません。

突発性難聴、ハント症候群など

突発性難聴は難聴、ハント症候群は顔面麻痺を主体とする病気ですが、めまい症状を伴うことがあります。

中枢性めまい

めまいがすると一般的には脳に異常が起きたと思われることが多いですが、実際に脳の病気によるめまいは少ないです。しかし、脳出血や脳梗塞、脳腫瘍などによる脳の病気によるめまいは、めまいだけでなく、意識障害や言語障害、運動や知覚の麻痺、激しい頭痛など重症な症状や後遺症が残る症状を伴うことがありますので、早めに耳鼻咽喉科や脳神経外科、内科を受診することをお勧めします。