概要

めまいやふらつきは人によって表現が異なり、回転性めまい(目がくるくる回る)やふらつきがある、平衡感覚がおかしい、立ちくらみがある、ぼーっとするなどと表現されます。
また、吐き気や嘔吐、難聴、耳鳴などを伴うこともあります。
めまいは、内耳の中にある三半規管や前庭といった平衡感覚をつかさどる部分が障害を受けて生じることが多いため、耳鼻咽喉科の病気が原因になっていることが大半です。めまいやふらつきがある場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。当院の院長は日本めまい平衡医学会認定のめまい相談医の資格を取得しておりますので、より専門的な検査、治療に取り組んでおります。ご気軽にご相談ください。

症状

人により表現が異なります

回転性めまい(目がくるくる回る)、ふらつきがある、平衡感覚がおかしい、立ちくらみがある、ぼーっとするなど

その他の症状

吐き気、嘔吐、難聴、耳鳴、頭痛など

検査

眼振検査

赤外線CCDカメラを用いて、頭の位置により現れる目の揺れ(眼振)を確認して、めまいの程度や特徴を調べます。

重心動揺検査

△の板の上に起立し、目を開けた状態と閉じた状態での平衡(バランス)感覚を調べます。

聴力検査

めまいの原因が耳の異常かどうかを調べます。低音、高音などの音の聞こえるレベルを記録します。

画像検査(CTやMRI検査)

めまいの原因が脳の異常かどうかを調べます。脳梗塞、脳出血、脳腫瘍の存在を確認します。

その他

温度眼振検査、血液検査、問診、耳鼻のどの診察、血圧検査(シェロングテスト)など

原因

良性発作性頭位めまい症

めまいの中でもっとも多い病気です。特定の頭の位置や頭を動かすこと(多くは寝返りをうった時、朝の起床時など)により起こる回転性めまいです。めまいは数秒から数十秒でおさまり、難聴や耳鳴は伴いません。内耳にある耳石の一部がはがれて三半規管の中を浮遊し、頭を動かすと移動するためにめまいが起こります。耳石を消失させるためにめまい体操が有効ですので、当院でもめまい体操の指導を行っております。ご気軽にご相談ください。

メニエール病

フランスの医師メニエールが1861年に初めてめまいの原因の一つに内耳性のものがあることを報告したことに由来していますが、残念ながら彼が生存中には命名されませんでした。難聴や耳鳴、耳のつまり感などの耳の症状を伴う、めまいを繰り返す病気です。めまいと耳の症状は連動することが多く、発作を繰り返すにつれて悪化することがあります。また、めまいだけ、あるいは耳の症状だけといったように、どちらか一方の症状だけが増悪を繰り返す例もあります。この病気は内耳のリンパ液が過剰な状態(内リンパ水腫)により症状が出現します。その誘因としてストレスが関与していると考えられています。

前庭神経炎

前庭は内耳の一部で、平衡感覚をつかさどる器官があります。前庭神経を介して脳につながっています。前庭神経炎はおそらくウイルスが原因だと考えられており、前庭神経の炎症によって引き起こされます。突然の激しい回転性めまい発作が特徴で、7~10日間続く激しい回転性めまいの発作が1回だけ起こる場合がありますが、多くは最初の発作から数週間にわたって軽い回転性めまいの発作が起こります。回転性めまいは最初激しく、数日のうちに徐々に弱まりますが、平衡感覚の不調は長くて数カ月残ることもあります。難聴や耳鳴は伴いません。

突発性難聴、ハント症候群など

突発性難聴は難聴、ハント症候群は顔面麻痺を主体とする病気ですが、めまい症状を伴うことがあります。

中枢性めまい

めまいがすると一般的には脳に異常が起きたと思われることが多いですが、実際に脳の病気によるめまいは少ないです。しかし、脳出血や脳梗塞、脳腫瘍などによる脳の病気によるめまいは、めまいだけでなく、意識障害や言語障害、運動や知覚の麻痺、激しい頭痛など重症な症状や後遺症が残る症状を伴うことがありますので、早めに耳鼻咽喉科や脳神経外科、内科を受診することをお勧めします。

治療

お薬による治療

◎抗めまい薬・循環改善薬

脳や内耳の血流を増やすことにより、めまいを改善します脳や内耳に十分な血液が行き届かないと、からだのバランスを保つ働きに支障を来しますまた、リンパの循環も悪くなるため内耳がむくみ、めまいが起こります。

◎吐き気止め

めまいに伴う吐き気や嘔吐を抑えます。吐き気がひどくて内服が難しい場合は、注射や点滴をします。

◎抗不安薬
めまいに対する不安を取り除きます。めまいに対する不安な気持ちが、さらにめまいを悪化させるといった悪循環を解消します。

◎浸透圧利尿薬

内耳を満たす液体(内リンパ)の過剰による内耳のむくみを減らします。通常、内リンパの量は一定に保たれていますが、メニエール病などで増え過ぎると内耳が正常に働かず、めまいや耳鳴り、難聴などの症状があらわれます。

◎ステロイド薬

神経の炎症やめまいに伴う難聴を改善します。ステロイド薬には炎症を鎮める、免疫を抑制するなどさまざまな作用があります。

◎ビタミン剤

神経の働きを正常に保つビタミン(ビタミンB12など)によって、障害を受けた内耳の神経を修復します。

◎漢方薬

西洋薬の効果が不十分な場合に、柴苓湯や半夏白朮天麻湯、真武湯などを用いることがあります。

めまいリハビリ(平衡訓練)

ヒトは足の裏の刺激を小脳に集めて、バランス感覚をとっています。耳の病気になると、左右の耳のバランスがくずれ、めまいやふらつきが生じます。このバランスのくずれを補うのが小脳であり、「中枢代償」といいます。目や頭や足を動かすめまいリハビリ(平衡訓練)をすると、小脳の中枢代償が活性化し、めまいやふらつきが治りやすくなります。リハビリの方法は、めまいやふらつきの特徴により、方法が異なりますので、医師の診察を受け、診断を確定させた上で行う必要があります。医師にご相談ください。

理学療法(耳石置換法)

良性発作性頭位めまい症では、頭やからだを動かしてめまいの原因となる内耳の半規管内の浮遊耳石を元にあった場所に戻します耳石のある場所により、方法が異なりますので、まずは医師の診察を受け、診断を確定させた上で行う必要があります医師にご相談ください。

 

 

 

 

鼓膜マッサージ(中耳加圧療法)

鼓膜に音圧をかけることにより、中耳や内耳のリンパのめぐりを改善させ、めまい耳鳴りを改善させる効果があります。週に2~3回の実施が推奨されます。

内耳の細胞内にリンパ液がたまっています

手術

お薬による治療で改善しない、頻繁にめまい発作が起こる、日常の生活に支障を来すといった難治性のめまいに(特にメニエール病の難治例)には手術が行われます。めまいの原因となる神経を取り除くことなどによりめまいの改善を図ります。また、耳にお薬を注入する外科的な処置(鼓室内注入療法)が行われることもあります。手術は当院では行っておりませんので、必要に応じて手術可能な医療機関に紹介させていただきます。

めまいやふらつきが起きた時の注意点

安静を保つ

明るすぎない場所で、ゆっくりと横になり、楽な姿勢をとりましょう。すぐに改善しない、頭痛がする、手足のしびれがある、舌がもつれてしゃべりにくいなどの症状がある場合はすぐに救急病院を受診しましょう。

気持ちを落ち着かせる

めまいが起きて不安であるのは十分に分かりますが、不安がつのるとめまいが悪化することがあります。あわてずに落ち着くようにしましょう。

頓服薬を飲む

手元に市販薬や処方された薬で抗めまい薬や吐き気止めなどがあれば服用しましょう。

日常生活での注意点

規則正しい食事をとる

栄養が不足すると血流が悪くなり、めまいが起こりやすくなります。栄養バランスを考え、1日3食規則正しく食事をとりましょうなお、水分や塩分の制限を勧められた場合は医師の指示に従ってください。当院ではめまいの食事について管理栄養士による栄養指導を行っておりますので、ご相談ください。

お酒は控えめにする

お酒は脳の機能を低下させるので、めまいやふらつきが悪化する可能性があります。また、お酒の飲み過ぎは生活リズムを乱す恐れがあります。

禁煙をする

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くするので、めまいが起こりやすくなります。

コーヒーの飲み過ぎに注意

リラックスする程度に飲むのは問題ありませんが、飲み過ぎるとコーヒーに含まれるカフェインの作用によって興奮したり、夜中にトイレに起きたりするようになって眠れなくなることがあります。

 

 

 

 

飲み過ぎには注意!!

睡眠を十分にとる

睡眠不足が続かないよう、十分な睡眠をとりましょう。また、できるだけ同じ時間に就寝・起床るように心掛け、生活のリズムを整えましょう。

ストレスをためないよう気分転換をする

ストレスの原因を減らすよう工夫しましょう。適度な運動趣味を楽しむなど、気分転換をしましょう。

旅行に出かける前に医師に相談する

乗り物に乗って窓からの景色を眺めたり、気圧の変化を感じたりすると、神経のバランスが乱れる恐れがあります事前に医師に相談してアドバイスしてもらいましょう。また、余裕のある旅行日程を計画しましょう。