症状

ある日突然、「聞こえなくなる」「耳がポーンとする」「耳鳴り」などの症状が現れ、めまいや吐き気を生じることもあります。耳あかはなく、鼓膜は正常ですが、聴力低下がみられます。

原因

鼓膜の奥にある内耳に障害が起きる病気ですが、残念ながら原因はわかっていません。内耳の血流障害説やウイルス説などがいわれています。

当院での治療

数種類の薬剤を組み合わせた治療法を、内服や点滴で行います。この病気に最も効果的であるステロイド剤を使用し、補助的に循環代謝改善薬ビタミンB12製剤などを使用します。ステロイド剤については、経過とともに薬の量を徐々に減量していく治療法ですので、急に治療を止めないようにお願いいたします。改善度に応じて、約1週間~1、2か月の治療期間を必要とします。

経過

治療効果はさまざまです。約1/3の方が治り、約1/3の方はやや改善、約1/3の方は回復がみられないという統計結果があります。聴力の回復を妨げる要因としては、1)発症後2週間以上経過している場合、2)聴力低下が高度な場合、3)めまいを伴う場合、4)高齢者の場合などがあげられます。経過によっては脳の検査(MRI検査)を行うこともあります。

生活上、気をつけていただくこと

睡眠不足やストレスが引き金になっていることもあり、ストレスの解消が必要です。睡眠時間はしっかり確保し、1日3食の食事を心がけましょう。喫煙される方は禁煙をお願いします。少量のアルコール摂取は問題ありません。運動を制限する必要はありません。