クリニック紹介about

  1. ホーム
  2. クリニック紹介

私たちの想い

当院のロゴマークは羊のひだまりくんです。
胸につけた楓には、「思いやり」「謙虚」「成長」の花言葉があります。

毛織物の街「一宮市」の、明るく温かいひだまりのようなクリニックになりたい、そんな思いを込めました。

  • 私たちの使命
    ミッション

    みんなが頼れる
    クリニックを創る

    みんなが頼れる クリニックを創る

  • 私たちの診療理念
    ビジョン

    患者さんとスタッフみんなが
    いつも笑顔であふれ、ひだまりのあるクリニック

    患者さんとスタッフみんながいつも笑顔であふれ、ひだまりのあるクリニック

  • 私たちの行動指針
    クレド

    1. 私たち楓スタッフは「みんなが頼れるクリニック」を創ります
    2. みんなが笑顔であふれるひだまりのクリニックを目指します
    3. 「思いやり」の気持ちをもって患者さんやスタッフのみなさんに接します
    4. 「謙虚」な姿勢でお互いを尊重し協調性をもって働きます
    5. 「成長」するために前向きに向上心を持って楽しく学びます

当院の診療方針

私たちは3つの診療目標をもとに診療を行ってまいります。

  • 01.病気になることを予防する

    めまい、耳鳴り、難聴、中耳炎、外耳炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、風邪、扁桃炎、声帯ポリープ、睡眠時無呼吸症候群、胃酸のど逆流症、飲み込みにくさなど耳鼻咽喉科の病気は、発症を予防できることがあります。
    私たちはこのような病気の情報発信や食事・栄養指導、リハビリテーションを行うことにより病気になることを予防します。

  • 02.病気を早く発見する

    耳鼻咽喉科のがん(喉頭がん、咽頭がん、舌がん、クビのがんなど)、お子さんの言葉の遅れ、めまい、難聴、中耳炎、副鼻腔炎(ちくのう症)、声帯ポリープ、クビのしこりなどの病気は早期発見がとても重要です。みみはなのどの不調に気づかれた方へ、丁寧な診察と適切な医療機器で早期発見に努めます。
    私たちは今まで培った診療経験を生かして病気を早く発見します。

  • 03.病気になっても早く治す

    中耳炎、外耳炎、耳介血腫(耳が腫れる)、副鼻腔炎(ちくのう症)、扁桃周囲膿瘍(のどにウミがたまる)などの耳鼻咽喉科の病気は、早めの外科的処置やすみずみまでの洗浄が治る可能性を高めます。
    突発性難聴、顔面神経麻痺、アレルギー性鼻炎などの耳鼻咽喉科の病気は、早く診察を受け、薬を飲み始めることで、治る可能性が高まります。
    耳鼻咽喉科のがん、重症の中耳炎や副鼻腔炎、アデノイド増殖症、扁桃炎、扁桃肥大、声帯ポリープ、クビのしこりなどは手術が必要になることが多いので、迅速に手術が必要かどうかを判断し、手術可能な病院にご紹介します。

    私たちは可能な治療(処置や小手術、投薬など)は当院で行い、設備上できない治療は近隣の病院に紹介させていただき、病気になっても早く治るよう、サポートします。

  • クリニック概要

    診療科目 耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科
    院長 中下 陽介
    住所 〒494-0007  愛知県一宮市小信中島東鵯平81-1
    電話番号 0586-63-3787
    FAX番号 0586-63-3788
  • 連携病院

    専門的な検査や入院が必要だと判断いたしましたら、迅速にご紹介いたします。

      • 一宮西病院
      • 総合大雄会病院
      • 尾西記念病院
      • 一宮市民病院
      • 泰玄会病院

    その他、希望される医療機関へご紹介いたします。

  • 採用情報
    RECRUIT
  • 楓みみはなのどクリニックでは、
    一緒に働く仲間を募集しています。

    • 医療事務(パート)
    • 医療補助(パート)
  • 詳しくは
    こちら