原因

原因不明(特発性)の場合も多くありますが、副鼻腔炎(ちくのう症)、アレルギー性鼻炎、鼻茸(鼻の中のポリープ)、かぜ、インフルエンザ、頭部外傷などが主な原因です。最近では、新型コロナウイルス感染症の初期症状や後遺症の1つとして報告されております。

嗅覚(におい)について

においは鼻の中のすべての場所で完治しているわけではありません。脳に近い鼻の上の部分(嗅粘膜)でのみ感知しています。また、においがわからなくなると、味の感覚も鈍ってしまいます。

 

検査

前鼻鏡検査や内視鏡検査

鼻の中を診察します。鼻の入口から直接観察(前鼻鏡検査)したり、内視鏡検査で診察します。鼻の中のポリープや粘膜の腫れの程度、鼻水の状態や量、鼻の通り具合、嗅粘膜の状態などを観察します。

画像検査

レントゲン検査や場合によってはCT検査やMRI検査を行います。レントゲン検査やCT検査では、副鼻腔炎や鼻の粘膜の腫れ、鼻中隔弯曲症などを調べます。MRI検査では頭部外傷や脳腫瘍などを調べます。(当院ではCT検査やMRI検査は行っておりませんので、、必要な際は検査可能な病院に紹介させていただきます)

アリナミンテスト(静脈性嗅覚検査)

アリナミン液(いわゆるにんにく注射)を注射して、ご自身の息からその成分のにおいを感じ取る検査です。アリナミン液の注入開始からニンニクのようなアリナミン臭が感知されるまでの時間を潜伏時間、においを感じ始めてから消失するまでの時間を持続時間として測定します。嗅覚正常者の測定値は、潜伏時間は平均 8 秒、持続時間は平均 70 秒で、嗅覚が低下すると潜伏時間が平均より長くなり、持続時間が平均より短くなります。また、全く反応が認められない場合は嗅覚脱失(嗅覚の完全消失)と判定します。その結果から、においの回復の見込みを推測します。

基準嗅力検査

T&T オルファクトメーターという嗅覚検査キットで調べます。5種類のにおいを直接嗅いでもらい、どの程度のにおいの強さで検知できるかを調べます。基準嗅力検査は当院では行っておりませんので、検査可能な病院に紹介させていただきます。

 

当院での治療

においの障害の原因となっている病気の治療を行います。

局所処置

鼻かぜやアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などにより鼻水が多く粘膜が腫れている場合、鼻や副鼻腔の中のたまった鼻水や膿を出すために、副鼻腔洗浄吸引処置をします。また、粘膜の腫れをひかせるために抗菌薬や消炎剤が含まれたお薬の吸入(ネブライザー)を行います。局所処置は非常に大切な治療ですので、可能であれば週に2~3回程度通院すると良いでしょう。また、併せてご自宅で鼻洗浄をされると良いでしょう。

点鼻療法

局所処置で鼻の中がきれいになっている状態で、粘膜の炎症や腫れを抑える効果の多いステロイド薬(トリアムシノロンアセトニド)点鼻薬の注入療法を10分間行います。点鼻療法は1~2週間に1回のペースで10~20回位通院で行い、治療効果を判定します。定期的に通院することが難しい方は、ご自宅でステロイド薬(ベタメタゾン)の点鼻療法を毎日行います。ステロイド点鼻薬を投与すると、体内での副腎皮質ホルモン分泌が低下することがありますので、定期的にコルチゾールという副腎皮質ホルモン値を血液検査によりモニターしながら治療を進めていきます。

薬物療法

ビタミンB12製剤血流改善剤漢方薬などを内服します。

経過

アリナミンテストでにおいが感知できれば、改善の見込みがありますので、上記の治療を積極的に行います。治療期間が2~3か月に及ぶこともあるので、すぐに改善しなくても、あきらめずに治療を続けましょう。