症状

耳が聞こえにくい、耳がつまるなどといった難聴の症状が出ます。鼓膜がへこんで、裏側にある中耳の壁にくっついてしまうため、外から音が入ってきても鼓膜がきちんと振動することができないためです。

原因

滲出性中耳炎耳管狭窄症などが長期に及び、治りきらないと耳管の機能が低下します。すると、中耳の換気が悪くなり、鼓膜が中耳側に引っ張られることにより鼓膜が中耳の粘膜に癒着します。

*正常な鼓膜

 

*癒着性中耳炎の鼓膜

当院での治療

癒着性中耳炎を完治させる有効な治療方法がないのが現状です。しかし、完治できなくても、悪化させないようにすることも大事なことです。当院では、対症療法として耳管通気療法を行っています。これは、鼻の奥にある耳管の入口から鼓膜に空気を送り込んで、へこんだ鼓膜を浮かせる治療です。これで効果がない場合は鼓膜チューブ留置術を行ったり、聴力の悪化が著しい場合、手術療法を行うこともあります。当院では手術は行っておりませんので、手術が可能な病院に紹介させていただきます。

日常生活での注意点

鼻をすすらないようにしましょう。入浴や洗髪、プールなどは問題ありませんが、潜水や飛び込みは禁止です。また、耳管通気療法は頻繁に行わないと効果がないため、根気よく通院する必要があります。