原因

鼻かぜやアレルギー性鼻炎(花粉症)になると、鼻水が出ます。また、赤ちゃんの場合、空気の乾燥や急な温度変化、冷たい空気などの外的要因で鼻水が出ることもあります。

鼻水の種類

透明な鼻水は、鼻かぜの初期アレルギー性鼻炎(花粉症)寒冷刺激などで出ます。黄色や緑色の色のついた鼻水は、長引く鼻かぜ副鼻腔炎(ちくのう症)などで出ます。

鼻水がたまるとどうなるの?

鼻水がたまれば鼻づまりになり、鼻呼吸ができにくくなります。そのため、「機嫌が悪くなる」「集中力がなくなる」「夜間に何度も起きる」「いつも口を開けている」などといったことが起こりやすくなります。また、色のついた鼻水がたまると、中耳炎にかかったり、副鼻腔炎(ちくのう症)になることもあります。

当院での治療

鼻水がたまっているお子さんには、専用の吸引器具を使って、たまった鼻水を奥まで吸い取ります。鼻の中をきれいにすることで、鼻の通りも良くなり、新鮮な空気が入り、鼻かぜや副鼻腔炎が治りやすくなります。鼻水がネバネバで取りにくい場合、鼻の洗浄治療も併せて行います。また、吸入治療(ネブライザー)を行い、鼻水の改善を図ります。鼻水の吸引処置や吸入治療などの処置は週に2~3回程度行うと効果が高いので、処置のみの通院も可能です。鼻水が多く、処置だけでは治りにくい場合、お薬を飲んだり、点鼻薬を使用することもあります。

 

 

 

 

 

ご家庭での対処方法

薬局やドラッグストアなどで販売している、簡易の鼻吸い器を使い、鼻水を吸いましょう。鼻の奥までは吸いきれませんが、お子さんが少しでも楽になるようにしてあげましょう。