頚部とは?

首のことで、耳の下あたりから鎖骨の上までを指します。

リンパ節とは?

一般的にはリンパ腺と言われるもので、触るとグリグリしていますが、炎症がなければ痛みはありません。1つだけのこともありますが、いくつかが集まって触れることもあります。頚部全体で約200個のリンパ節があるといわれ、リンパ節が炎症を起こすと、腫れて痛みが出てきます。

リンパ節の働きは?

細菌やウイルスなどの病原体が体内に侵入した際に、病原体が全身に広がらないよう食い止め、身体を守る働きがあります。

首のリンパ節はなぜ腫れるか?

かぜなどにより、細菌やウイルスが鼻やのどに感染すると、そこから体内に侵入します。そこで、首にあるリンパ節が働き、細菌やウイルスが全身に広がらないように食い止めます。その結果、リンパ節が腫れて痛みが出てきます。この状態を頚部リンパ節炎といいます。ただし、他にもリンパ節が腫れる原因はいろいろあり、腫れが長引く場合、血液検査超音波検査(エコー検査)CT検査などの精密検査が必要となります。なお、CT検査は当院では行っておりませんので、検査が実施可能な病院に紹介させていただきます。

当院での治療

リンパ節の炎症を鎮めるために、抗菌薬消炎剤などを内服します。症状が強い場合、点滴をすることもあります。この治療によりリンパ節が小さくなれば問題ありません。