レーザー外来

鼻のレーザー治療は、鼻の中にある下鼻甲介という部位の粘膜を炭酸ガスレーザーを照射する治療です。鼻の粘膜をレーザー照射すると、粘膜の状態を変化させ、花粉やダニなどのアレルゲンに反応しづらい状態にすることが期待されます。また、鼻の粘膜を縮めて、鼻の通りを良くし鼻づまりを改善することが期待されます(ただし、効果には個人差があります)。

対象

鼻のレーザー治療は以下の方にお勧めです。

・花粉が飛び始める前に花粉症の予防をしたい方

いびき鼻づまりが気になる方

・毎日お薬を飲むことが難しい方(仕事が不規則出張が多いなど)

・お薬の副作用(眠気だるさなど)が不安でお薬を飲みたくない方

・お薬が飲めない方(妊娠中や授乳中の方、お薬のアレルギーがある方、他の病気との関係など)

実施時期

手術時間:約30分(麻酔や手術の時間を含めて)

*手術は完全予約制としております。電話予約やネット予約は受付しておりません。

*実施時期は特に決まっておりませんので、ご希望の日時で受付にて予約をお取りください。

*花粉症やアレルギー性鼻炎などで鼻症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど)を現在認める場合は、レーザー手術をすることにより、症状が悪化する可能性がありますので、レーザー手術をすることはお勧めできません。予めご了承ください。

*鼻の中の状態は個人によって異なり、手術の適応があるかどうかは診察しないと分からないですので、手術をご希望の方はまず当院をご受診ください。

手術費用

8,730(保険適応、3割負担の方)

*診察、処置、検査、投薬料など別途必要になります。

手術方法

*手術は局所麻酔下で行います。鼻にスプレーの麻酔をした後、麻酔液の付いた綿を両鼻に挿入して、麻酔を行います。

*手術は内視鏡カメラで鼻の中を観察しながら、レーザーを照射していきます。照射中は強い痛みや出血はほとんど認めませんが、まれにピリッとした軽い痛みやにじむ程度の出血を認めることがあります。

*手術後1~2週間は、レーザー照射の影響で鼻の粘膜が腫れるため、一時的に鼻の症状(鼻水、鼻づまりなど)が悪化することがありますので、手術後1週間に1回程度の診察が必要となります。