概要

アレルギーは、特定の物質に対する過剰な免疫反応によって起こります。もともと免疫とは、体の中に侵入した細菌やウイルスなどを攻撃し、自分の体を守る正常な仕組みのことです。しかし、遺伝的に免疫反応が過剰になりやすい体質、ハウスダストや花粉などの物質を過剰に体内に取り入れてしまう環境にいることなどが原因となり、体に害を与えることがない物質まで免疫の仕組みによって攻撃されてしまい、全身にさまざまなアレルギー症状が引き起こされます。
アレルギーの症状は年齢によって変化していくことが特徴です。幼少期にはアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、成長していくと気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などを発症するようになり、治らない場合は成人喘息に移行することもあります。このようにアレルギー症状が連鎖することをアレルギーマーチと言い、小さいうちからアレルギーにならないように対策することが大切です。そのためには、自分が何のアレルギーなのかを確認することが必要です。当院では、血液検査によりアレルギーの原因となるアレルゲンを調べることができますので、お気軽にご相談ください。なお、小さなお子様でも、指に細い針をチクッと一瞬さすだけで可能な検査も可能です。