概要

誤って飲み込んだ異物がのどに引っかかった状態を咽頭異物と言い、原因は魚の骨がほとんどです。症状はのどの痛みや違和感が生じます。魚の骨は、うなぎやイワシ、アジなどの小骨が多く、ほとんどが口蓋扁桃(いわゆる扁桃腺)に刺さりますが、舌の付け根や食道の入り口に刺さることもあります。
治療は口の中から直接ピンセットのようなもので骨を除去、鼻から細いカメラを入れて骨を除去します。しかし、異物を飲み込んでから時間が経っている場合や、深く刺さってのどの粘膜の中に入っている場合は見つけられないことがあり、CT検査が必要な場合もあります。
よく骨がささったらご飯を飲み込んで落とそうとしたり、無理に自分でピンセットを使い取ろうとする方がおられますが、より深くささったり、のどの粘膜に傷ができることがあり危険です。小さな骨の場合は自然に抜けたり、埋まって症状がなくなることがあります。大きい骨の場合は感染を起こして膿がたまり、首が腫れることがあるため、症状が続く場合は耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。