上咽頭とは?

上咽頭は鼻から入ってきた細菌やウイルス、異物などの侵入を防ぐ免疫組織が存在しております。正常な状態でも免疫細胞(リンパ球)が多く存在し、「生理的炎症部位」と呼ばれ、常に外敵に対する免疫反応を行っております。また、脳からのリンパ管や脳神経(舌咽神経、迷走神経、交感神経など)の通り道となっており、脳から全身へのリンパ流や神経情報伝達の中継地点としての役割を果たしているといわれています。従って、上咽頭は単なる空気の通り道ではなく、神経系・免疫系・内分泌系に影響を及ぼす、いわば全身の「健康の土台」を担う重要部位といわれています。

慢性上咽頭炎とは?

さまざまな原因により起きた急性炎症の状態が落ちついても、上咽頭の免疫反応が高ぶる状態が残り、さまざまな症状を引き起こすことがあり、これを慢性上咽頭炎といいます。急性炎症のときは感染に伴い、単球や好中球が増えますが、慢性炎症のときは正常のときと同様にリンパ球が多く存在しています。したがって、正常な上咽頭より過剰な免疫反応が行われているため、症状はのどの症状だけでなく、全身のさまざまな症状も引き起こすといわれております。

原因

次のようにさまざまな原因があります。

  • 細菌やウィルスなどの感染
  • ダニやほこり、カビなどによるアレルギー性鼻炎、花粉症など
  • 疲労(つかれ)、ストレスなど
  • 気温や湿度の急激な変化など

症状

慢性上咽頭炎そのものによる症状以外にも、神経系・免疫系・内分泌系に関連したさまざまな症状が起きるといわれています。

  • 慢性上咽頭炎そのものによる症状
  • 自律神経障害を中心とした神経・内分泌系障害に伴う症状
  • 自己免疫機序を介した疾患・症状

当院での治療

EAT(イート;上咽頭擦過療法、Bスポット療法

塩化亜鉛というお薬を上咽頭に塗る治療です。塩化亜鉛による直接的な消炎効果や上咽頭を擦過(こする)する刺激によって血流を改善させ脳からの老廃物を排除したり、副交感神経(自律神経の1つ)を刺激することによる間接的な消炎効果が期待できるといわれています。以前はB療法と呼ばれていましたが、最近はEAT(イート;上咽頭擦過療法)とも呼ばれています。治療は通常、週に1~2回で、合計で10~15回程度を目安に行います。

*具体的な方法

当院では2種類の方法で実施しております。

1)EAT

EATは慢性上咽頭炎(慢性咽頭喉頭炎)に対する口腔咽頭処置(保険診療)です。

①鼻の中に麻酔液の入ったお薬を噴霧します。

②塩化亜鉛が付いた綿棒で上咽頭を擦過します。この際、痛みや出血を伴うことが多いです。

(注)内視鏡カメラは用いません

*長所

  • カメラ挿入の不快感がない
  • 処置時間が5分程度と短い

*欠点

  • 内視鏡カメラを用いないので、上咽頭全体を十分に擦過することはできません

*対象となる症状

のどの違和感、咳、痰、鼻水、鼻づまり、後鼻漏などの慢性上咽頭炎の症状

2)E-EAT(Endoscopic EAT;内視鏡下EAT)

E-EATはさまざまな体の不調に対する免疫力向上療法自由診療)です。

①鼻の中に麻酔液の入ったお薬を噴霧した後、麻酔液のついたガーゼを10分程度入れます。

②ガーゼを抜いた後、内視鏡カメラで観察しながら、塩化亜鉛が付いた綿棒で上咽頭全体(Bスポット)を擦過します。この際、痛みや出血を伴うことが多いです。

③次に、内視鏡カメラで観察しながら、上咽頭手前にある蝶形骨同自然口下方にある翼口蓋神経節(Cスポット)を塩化亜鉛が付いた綿棒で擦過します。

④次に、のどの中に麻酔液の入ったお薬を噴霧した後、塩化亜鉛の付いた捲綿子(大きな綿棒)で口蓋垂の奥の咽頭を全体的に擦過します。

⑤最後に、生理食塩水で鼻の中を洗浄します。鼻やのどの中に残った薬液や血液を洗い流します。

(注)内視鏡カメラで観察しながら実施します

*長所

  • 内視鏡カメラを用いるため、上咽頭全体と翼口蓋神経節を十分に処置することができる
  • 翼口蓋神経節(Cスポット)も処置するため、翼口蓋神経節性疼痛の治療(INSPGS;インスピグス)も一緒にできる

*欠点

  • 処置時間が麻酔も含めて20分程度と長い
  • カメラ挿入の不快感がある

*対象となる症状

体のだるさやめまい、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、腹痛、下痢、不安、不眠、うつ、記憶力・集中力低下などの自律神経失調症状といわれるさまざまな体の不調

*注意点

・特に治療を開始した頃は痛みや出血を多く認めますが、回数を重ねる毎に効果が現れ、痛みや出血は減っていくことが多いです。したがって、根気強く通院していただくことが必要となります。

・のどの処置では麻酔はしますが、それでも苦しい時があるため、耐えられない方は鼻からだけの処置を行うことも可能性です。遠慮なく医師にご相談ください。

・EATは慢性上咽頭炎(慢性咽頭喉頭炎)に対する口腔咽頭処置(保険診療)、E-EATはさまざまな体の不調に対する免疫力向上療法(自由診療)で行っておりますので、2つを組み合わせることはできません。

*EAT実施の流れ

・初診時は、まずEAT(Bスポット療法)の適応があるかを内視鏡で検査を行います。したがって、初診時にいきなりEATを開始することは行っておりません。検査でしっかりと適応を判断し、十分に説明し同意をいただいた上で行っております。予めご了承ください。

・EATは通常の診療で行っております。Web予約システムで予約をお取りになり、ご自身の取られた番号の10番前にはご来院ください。診療は保険診療で行っております。

*E-EAT実施の流れ

●チケット購入について

1)支払いは全て現金でお願い致します。クレジットカード払いやpay払いなどのキャッシュレス決済には対応しておりません。

2)E-EAT初回の方はEAT1回券のみ購入できます。まず1回行って頂き、効果や副反応を確認して頂いた上で、5回券や10回券をご購入ください。

3)1回券を同日に複数枚ご購入頂くことは可能ですが、有効期限内にご使用ください。

4)チケットは有効期限内にご使用ください。有効期限が切れたらご使用できません。当然、ご返金もできません。

5)チケットを他人に譲渡することや他人と併用することはできません。必ずご自身のみがご使用ください。

●予約について

1)E-EATは受付での完全予約制です。診療時間内に受付で予約を取った上で、ご受診ください。Web予約や電話予約は受付しておりません。診療は自由診療で行っております。

2)E-EATのチケットを購入された際に、チケットをお渡しします。予約日にはこのチケットを必ずご持参ください。ご持参されない場合、E-EATを実施できない可能性があります。チケットをお忘れの場合、保険証や診察券、マイナカードなどにてご本人かを確認し、予約台帳や予約券台帳と照合することができたら、実施させて頂きます。

●予約の変更やキャンセルについて

1)E-EATの予約の変更は1回まで可能です。必ず、予約日の前診療日の診療終了までに受付にお越しいただくか、お電話にてお伝えください。これ以降の予約の変更は承れません。メールでの変更も承れません。

2)E-EATの連絡の有無に関わらず、当日キャンセルはチケット1回分が消費されます。E-EATも実施できません。当然、ご返金もできません。

3)予約の変更やキャンセルの電話はこちらにお願いします→0586-63-3787(内線4番)

●遅刻について

1)E-EATは通常の保険診療の間で行っております。遅刻の際は他の患者さんのご迷惑となりますので、厳に慎んでください。

2)遅刻の連絡の有無に関わらず、予約時間より30分以上遅刻された場合、当日キャンセルとみなし、チケット1回分が消費されます。E-EATも実施できません。当然、ご返金もできません。

3)予約時間より30分以内の遅刻の場合、E-EATは実施させて頂きますが、診療状況により待ち時間が不定にかかる可能性があります。あらかじめご了承ください。

●E-EATの実施について

1)実施時間は麻酔などを合わせて約20分かかります。

2)実施当日は保険診療を行うことができません。あらかじめご了承ください。

3)E-EATを実施している最中に急な気分不良や体調の変化があった場合、保険診療に切り替えて対応させて頂きます。診察料は徴収せず、それ以外にかかった処置や投薬などは保険診療で徴収させて頂きます。その際もチケット1回分が消費されます。当然、ご返金もできません。

●当院からのお願い

1)実施当日に小さいお子さんを連れてのご来院はご遠慮ください。

2)お子さんの同室はできません。スタッフでお子さんをお預かりすることもできません。あらかじめご了承ください。

3)妊娠中のE-EAT実施はお断りさせて頂きます。

4)現在治療中のご病気や過去にかかったご病気がある場合、病気によってはE-EATの実施をお断りさせて頂きます。

5)現在、E-EATの予約枠はかなり埋まっており、予約が取りづらい状況となっております。薬剤のご準備やマンパワーの関係より、これ以上予約枠を増やすことは困難です。従い、ご希望の時期に治療することが出来ない可能性があります。みなさまにしっかりと治療を受けて頂くために、ご協力お願い致します。

対症療法

消炎剤、粘液調整薬、解熱鎮痛剤などの内服を行います。

吸入治療

のどの炎症を抑える効果があります。吸入治療は週に2~3回程度行うと効果が高いので、吸入治療を行うための通院も可能です。

 

日常生活の注意点

普段からのうがいが大切です。うがいはのどだけでなく、鼻うがいも行って下さい。上咽頭は鼻の奥にありますので、のどうがいだけでは効果が不十分になります。のどの乾燥により上咽頭炎は引き起こしやすくなるので、夏はクーラーを下げ過ぎないように、冬は加湿器を使用して、湿度を50~60%程度に保つようにしましょう。喫煙は治療の妨げになるので、禁煙しましょう。