喉頭蓋のう胞とは?

喉頭蓋とは、食事の際に食べ物が誤って気管の中に入り、むせることがないようにするための蓋(ふた)です。のどの奥にあり、主に軟骨でできています。のう胞とは袋状のできもので、できものの中には液状の物質がたまっています。

症状

「のう胞」が小さいうちは症状がありませんが、大きくなると飲み込むときに異物感が出てきます。また、風邪などの細菌やウイルスが「のう胞」に感染して炎症を起こすと、「のう胞」が急激に大きくなり、唾液も飲み込めなくなり、気道(のどの奥)が狭くなり、呼吸困難を起こすことがあります。

当院での治療

「のう胞」は悪性ではありませんので、サイズが小さく、のどの異物感もなく、食事に支障がなければ、治療の必要はありません。ただし、徐々に大きくなることもありますので、定期的に内視鏡検査で経過観察を行います。症状が出るような大きさであれば、手術で「のう胞」を摘出する必要がありますので、手術が可能な病院に紹介させていただきます。また、小さいサイズでも風邪などに伴い、炎症を起こして腫れてしまった場合は、抗菌薬や消炎剤の内服や点滴、吸入治療などを行い、腫れを引かせていきます。吸入治療は週に2~3回程度行うと効果が高いので、吸入治療を行うための通院も可能です。