症状

1~3歳児に多い病気で、そのほとんどが「かぜ」から移行し発症します。多くの場合、発熱が現れ、咳が出るようになり、次に「ケンケン」といった犬やオットセイの鳴き声のような咳をするようになります。また、声がれも起きてきます。そして、空気の通り道である気道(気管の入口)が腫れて狭くなるため、呼吸をする時に「ヒューヒュー」という音を立てるようになり、さらにひどくなると呼吸困難になることもあります。

原因

かぜが引き金でなりますが、声帯の真下にウイルスや細菌が感染して起こる、急性の炎症です。5歳以上になると気道(気管)が太くなるため、この病気にかかりにくくなります。

当院での治療

抗菌薬や消炎剤、気管支拡張薬の内服を行います。また、消炎剤や気管支拡張薬の吸入を1日に1~2回行います。重症の時や急に呼吸がしにくくなる場合、入院治療が必要になりますので、入院治療が可能な病院に紹介させていただきます。