症状

「耳が痛い」「耳がかゆい」「耳だれが出る」「耳がにおう」「耳がつまる」「聞こえにくい」などの症状が現れます。ただし、軽症の場合はほとんど症状がないこともあります。

原因

「耳の触りすぎ」「耳そうじのしすぎ」「プールやお風呂の水が入った」などがきっかけで、耳の中がジメジメと湿った状態になったときに、もともと耳の中に住みついているカビ(真菌)が繁殖してしまうことが原因です。

当院での治療

耳の中を清潔にすることが大切なので、まず耳の洗浄吸引などの処置を行い、カビをきれいに取り除きます。その後、軟膏薬(抗真菌薬)を塗ります。このような処置を繰り返し行います。週に2、3回は処置のために通院する必要があります。また、細菌感染が合併している場合は、抗菌薬が含まれた点耳薬を併用することがあります。さらに治りにくい場合は、抗真菌薬の内服を行うこともあります。

生活上、気をつけていただくこと

入浴や洗髪は問題ありませんが、プールは原則禁止です。また、治療中は耳の中を触らないようにしましょう。