症状

乳幼児から学童などに多くみられ、ほっぺがりんごのように赤くなるので、「りんご病」と呼ばれています。太ももにも、赤い斑点やまだら模様ができます。熱は多くの場合、出ません。

原因

ヒト・パルボウイルスB19というウイルスによる感染症です。多くの方が小児期にこの病気にかかって免疫を獲得しているため、大人になってからかかる人は少ないようです。

当院での治療

原因となるウイルスに効く薬はなく、対症療法を行います。ただし、ほとんどは特に治療をしなくても、1週間程度で赤みは消えて治ります。

日常生活の注意点

生活や食事は普段通りで構いません。入浴は問題ありませんが、身体が温まると赤みとかゆみが強くなります。また、運動をして汗をかいたり、日光に当たると赤みとかゆみが強くなりますので、入浴や運動はほどほにしましょう。なお、妊娠中の方がりんご病にかかると、流産の原因になることが知られていますので、流行している時は注意が必要です。

登園登校について

ほっぺが赤くなってりんご病と判明した時には、すでに伝染させる時期は過ぎておりますので、そのまま登園登校していただいて構いません。