症状

痛みはほとんどありませんが、頬の内側や上あご、舌などに白い斑点がつきます。ミルクかすに似ていますが、ふいても簡単には取れません。軽い痛みや不快感のために食欲が落ちることがあります。

原因

カンジダという真菌(カビ)が、生えたためになります。多くは1歳未満の赤ちゃんがなることが多いのですが、もともと人の口には雑菌として、ごく少量の真菌(カビ)がいます。免疫力の弱い赤ちゃんでは、口の中の雑菌のバランスがくずれた際に、真菌(カビ)が増えてしまうものと考えられています。

当院での治療

原因となっている真菌(カビ)を殺菌するための抗真菌薬の軟膏(塗り薬)やシロップを使用します。内服するというよりは、菌が付着している部分に塗り付けるイメージで使用します。およそ、1週間前後で改善させることが多いです。

ご家庭での注意点

まずは、お母さんの手指や乳頭を清潔に保つことが大切です。そして、哺乳瓶おしゃぶりなど赤ちゃんが口にするものに真菌(カビ)がついている可能性があるため、それらを消毒したり、赤ちゃんの手をこまめにふいてあげると良いでしょう。