手足口病って何?

手・足・口の中に水疱(水ぶくれ)ができる夏かぜです。

症状と経過

手のひら、足のうら、口の中に小さな複数の水疱ができます。ひじや膝、おしりにできることもあります。口の中の水疱が破れると、しみて痛いため、食事が食べづらくなります。また、熱がでることもあります。水疱は1週間~10日ほどで自然に治り、痛みもなくなっていきます。

原因

夏かぜを引き起こす、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスが原因です。5月~9月が流行時期で、1~5に多く発症します。潜伏期間は4日前後です。

 

 

 

当院での治療

特効薬はないため、対症療法が主体となります。発熱に対しては解熱薬を、のどの痛みに対しては鎮痛薬などを使用します。脱水気味になると、痰がネバネバになり吐き出しにくくなるので、こまめに水分補給を行ってください。細菌感染の合併が疑われる場合は抗菌薬を使用します。

日常生活の注意点

口の中の痛みから食欲がなくなりますので、脱水状態にならないように水分摂取をこまめに行いましょう。入浴は問題ありません。接触や飛沫により感染するので、感染した人の唾液や痰の付いた物の扱いに注意し、手洗いうがいマスクの着用を行いましょう。

登園登校について

熱がなく元気があればお休みする必要はありません。本人の体調によって、登園登校の判断をしましょう。