ヘルパンギーナとは?

ヘルパンギーナは、6月から初夏にかけて流行する感染症です。主にコクサッキーウイルスA群が原因で、ウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうことも珍しくありません。まれに大人も発症します。主に乳幼児に多く見られる夏風邪を発生させるウイルスの1つです。

症状と経過

突然の39℃以上の発熱が1~3日続くと同時に、上あごの奥やのどちんこの近くに赤い小さな水疱水ぶくれ口内炎がたくさんできます。水疱は2~3日でつぶれて黄色い潰瘍になります。熱が3日前後で下がり、発症から1週間ほどで回復します。のどの痛みが強いために、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすこともあります。

原因

ヘルパンギーナは、コクサッキーウイルスがついている手指や物品による接触感染と咳やくしゃみの飛沫感染が主な原因で、潜伏期間は3日前後です。

当院での治療

特効薬はないため、対症療法が主体となります。発熱に対しては解熱薬を、のどの痛みに対しては鎮痛薬などを使用します。脱水気味になると、痰がネバネバになり吐き出しにくくなるので、こまめに水分補給を行ってください。細菌感染の合併が疑われる場合は抗菌薬を使用します。

 

日常生活の注意点

接触や飛沫により感染するので、感染した人の唾液や痰の付いた物の扱いに注意し、手洗いうがいマスクの着用を行いましょう。特に小さなお子さんで兄弟姉妹がいる場合は特に感染しやすいので、注意しましょう。特に家庭内でタオルや食器を共用することはやめましょう。

 

登園・登校について

学校保健安全法の規定はないため、本人の体調によって登園登校の判断をします。解熱すれば登園登校は問題ないでしょう。