百日咳とは?

百日咳菌によって起こる急性の呼吸器感染症です。乳幼児がかかると重症となります。百日咳は子供の病気というイメージがありますが、近年では 大人に増加しています。

症状と経過

小児の場合、コンコンと短い咳が連続的に起こり、続いて息を吸う際にヒューという笛のような音の出る発作が繰り返されます。乳幼児では無呼吸発作を伴いチアノーゼやけいれんを起こすことがあり、肺炎や脳症を合併して重症化することがあります。大人は感染しても咳が長く続くだけで、発作などの症状はほとんどみられません。1か月の経過で咳発作は治まっていきますが、気道の知覚過敏により、完全に治るまで数か月かかることもあります。

原因

百日咳菌が原因で、咳やくしゃみの飛沫感染で広がります。潜伏期間は7~10日程度です。

当院での治療

マクロライド系抗菌薬(クラリスロマイシンなど)が第一選択となります。また、肺炎や脳症を起こし重症化した場合は、入院して治療することもありますので、入院可能な病院に紹介させていただきます。

 

生活上の注意点

接触や飛沫により感染するので、感染した人の唾液や痰の付いた物の扱いに注意し、手洗いうがいマスクの着用を行いましょう。乳児はうつされないように、四種混合ワクチンを生後3か月になったらできるだけ早く接種しましょう。

検査

百日咳の検査では、血液や唾液などを採取し、百日咳菌の毒素に対する抗体があるかどうか調べます。しかし、診断を確定するためには、鼻やのどの粘膜から百日咳菌を調べる必要があります。しかし、百日咳を疑う時期にはすでに菌の量が減っていたり、抗菌薬を使用しているため、診断することが難しいです。

登園・登校について

学校保健安全法の規定で、特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌療法が終了するまで登園・登校はしないようにお願いします。