アデノウイルス感染症とは?

春から夏にかけて流行する感染症です。主にアデノウイルス3型に感染して扁桃腺やリンパ節に潜伏、増殖して咽頭炎、結膜炎などを起こします。夏風邪である咽頭結膜熱(プール熱)を発生させるウイルスです。

症状と経過

のど全体が赤くなり、扁桃腺に白っぽい膿が多数付きます。39℃前後の発熱が3~5日続きのどの痛みを伴います。また、結膜炎を起こし目やに目の充血などが出ることがあります。多くの場合1~2週間で治ります。

 

 

 

 

 

原因

アデノウイルス感染症は、ウイルスがついている手指や物品による接触感染が主な原因であり、咳やくしゃみの飛沫感染もあります。潜伏期間は5~7日です。

検査

のどの奥の粘膜を綿棒でぬぐって、アデノウイルスがいるかどうか検査します。(所要時間約10分)

当院での治療

特効薬はないため、対症療法が主体となります。発熱に対しては解熱薬を、のどの痛みに対しては鎮痛薬などを使用します。脱水気味になると、痰がネバネバになり吐き出しにくくなるので、こまめに水分補給を行ってください。細菌感染の合併が疑われる場合は抗菌薬を使用します。眼の症状が強い時には、眼科的治療が必要となることもあります。

日常生活の注意点

接触や飛沫により感染するので、感染した人の唾液や痰の付いた物の扱いに注意し、手洗いうがいマスクの着用を行いましょう。特に小さなお子さんで兄弟姉妹がいる場合は特に感染しやすいので、注意しましょう。特に家庭内でタオルや食器を共用することはやめましょう。

登園・登校について

結膜炎を伴う場合は特に感染力が強く、学校保健安全法の規定で、主要症状が消失した後2日を経過するまで登園・登校はしないようにお願いします。なお、結膜炎がなければ、熱が下がって1日程度経過をみて元気があれば集団生活に戻ってよいでしょう