RSウイルス感染症とは?

冬に流行する乳幼児の代表的な呼吸器感染症です。感染力は非常に強く、2歳頃までにほぼ100%のお子さんにかかります。一度かかっても免疫が十分にできないので何度もかかりますが、繰り返し感染しながら徐々に免疫ができ、症状は軽くなります。

症状と経過

鼻水発熱などの風邪症状があり、多くの場合1~2週間で治ります。しかし、生後6か月未満の乳児や未熟児、心臓の病気を持つ幼児では重症化しやすく、約3割の乳幼児が気管支炎や肺炎を起こすといわれています。

原因

RSウイルス感染症は、咳やくしゃみの飛沫感染と、ウイルスがついている手指や物品による接触感染の2経路があります。潜伏期間は4、5日です。

検査

のどの奥の粘膜を綿棒でぬぐって、RSウイルスがいるかどうか検査します。(所要時間約10分)ただし、0歳のお子さんは保険診療で対応できますが、1歳以上のお子さんは保険診療で対応できないので、診察代や処置、処方箋費用など全て10割負担となります。

当院での治療

特効薬はないため、対症療法が主体となります。発熱に対しては解熱薬を、ゼーゼーする症状に対しては咳止めや痰切りの薬、気管支拡張薬などを使用します。脱水気味になると、痰がネバネバになり吐き出しにくくなるので、 こまめに水分補給を行ってください。細菌感染の合併が疑われる場合は抗菌薬を使用します。

生活上の注意点

飛沫や接触により感染するので、感染した人の鼻水や痰の付いた物の扱いに注意し、手洗いうがいマスクの着用を行いましょう。母親からの免疫がなくなる生後3~6カ月ぐらいの乳児は免疫力が弱く重症化しやすいですので、その時期にうつらないように注意しましょう。

登園・登校について

学校保健安全法での規定はないため、本人の体調によって登園・登校の判断をします。発熱や咳がなく、体調が良ければ、登園登校は問題ないでしょう。