症状と経過

38~40℃の高熱が続き、口の中に小さい潰瘍(口内炎)ができて、とても痛くなります。通常、口内炎は1個ではなく、口の中のさまざまな箇所に複数できます。また、歯ぐきが赤く腫れることもあります。口の中が痛いので、食べられず、よだれが多くなり、ひどい時には水分も飲めなくなり、脱水症になることもあります。熱は4~5日でおさまりますが、口の中の痛みや腫れは1週間ぐらい続きます。

当院での治療

ヘルペス口内炎は、ヘルペスウイルスの感染で起こるため、ヘルペスウイルスに直接働きかける抗ウイルス薬の内服を行います。また、対症療法として解熱鎮痛剤を内服することもあります。また、口内炎そのものには軟膏薬(塗り薬)を使用します。

日常生活の注意点

のどの痛みのため食欲がなくなりますので、脱水状態にならないように水分をよく摂るようにしましょう。入浴は高熱でなければ、問題ありません。感染する可能性のある病気なので、食器やコップの共用はやめましょう。

登園・登校について

熱が下がり、のどの痛みが取れるまでは登園登校は控えましょう。しっかり治ってからでないと、他のお子さんに感染させてしまう可能性があります。