こんにちは
楓みみはなのどクリニックです

今日はのどの診療についてご紹介します
のども奥が深いので

今日はのどの構造についてお話しします

のどは主に口腔(こうくう)、咽頭(いんとう)、喉頭(こうとう)に分かれています
900123942385

口腔はお口を「あ~」っと開けて見える部分です
食べ物を歯でかんで、舌がのどの奥にその食べ物を送ります
また気道(きどう)の入口にもなり、空気を吸い込みます
舌があるので味覚も感じます

咽頭はのどのうち、主に食べ物の通り道となります
また鼻からの空気や鼻水が通る道ともなります
鼻と同じく音の共鳴(ひびき)にも関わります

喉頭はのどのうち、主に空気の通り道となります
また声帯を利用して声を出したり
気管(きかん)に食べ物が間違って行かないように防いでくれます

この3つの部分が複雑にからみあって機能しています
どれか1つでも支障が出るとさまざまな病気になります
例えば飲み込みにくさ、声の出ずらさなどです

今日はこれで失礼します

明日からもその他の分野について詳しくお伝えしていきます

現在、現地は建物の内装工事を行っております
近隣の皆様のご迷惑にならないよう心して工事を進めております
これからよろしくお願いします

 

皆様体調には十分にご留意ください

引き続き感染対策(手洗い、うがい、マスクなどの咳エチケット)を忘れず行いましょう
tearai3_arau   ugai_woman_garagara  mask_smile_man