こんにちは
楓みみはなのどクリニックです

今日は耳(みみ)の診療についてご紹介します
IMG_3021
耳と言っても奥が深いので

今日は耳の構造についてお話しします

IMG_3022
耳は主に耳介(じかい)、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)に分かれています

耳介は外から見えるいわゆる耳ですね
音を集める作用があり外耳に音を伝えます
外耳道はいわゆる耳の穴です
耳介から伝わった音を音波として中耳に伝えます
また表面は皮膚なので汗をかいたり耳垢(みみあか)を分泌して耳の穴をきれいに保っています

中耳は側頭骨(そくとうこつ)とともに空洞になっており
耳小骨(じしょうこつ)という3個の骨が連動して内耳に音を伝えます
また表面は粘膜なので耳の中の空気交換を行っています

内耳は三半規管(さんはんきかん)と前庭(ぜんてい)、蝸牛(かぎゅう)🐌に分かれており
三半規管と前庭では平衡感覚(へいこうかんかく)を保ち
蝸牛では中耳からの音波を感知し電気信号に変えて脳に伝え音として認知されます

今日はこれで失礼します

明日からもその他の分野について詳しくお伝えしていきます

現在、現地は建物の基礎工事を行っております
近隣の皆様のご迷惑にならないよう心して工事を進めております
これからよろしくお願いします

 

緊急事態宣言は解除されました
ただコロナ禍が完全終息した訳ではないのでまだまだ油断はできないと思います
コロナ禍が過ぎ去り、青空のような明るい未来が少しずつ見えてきました
皆様体調には十分にご留意ください

引き続き感染対策(手洗い👏、うがい、マスク😷などの咳エチケット)を忘れず行いましょう