こんにちは

楓みみはなのどクリニックです

2月に入り、寒暖差が激しい日々が続いております

風邪をひかないように気をつけてください

 

当院ではCO2(二酸化炭素)濃度測定器を導入しました

これは空気中の二酸化炭素濃度を検出する装置です

人間の吐く息には二酸化炭素が多く含まれており

密な状態になると二酸化炭素濃度が上昇しますので

集団感染(クラスター)発生リスクの高い状況を回避することができる優れものです

 

厚生労働省より、良好な換気状態の基準は二酸化炭素濃度が1,000ppm以下と提示されております

この画像では574ppmですので、良好な換気状態が維持できております

当院は24時間全館換気システムを導入しておりますので

基本的には換気が悪い状態となることはありませんが

診察室では多少密になることが想定されますので

当院ではこの装置を診察室に設置しております

もし二酸化炭素濃度が900ppm以上になると窓を開放し

二酸化炭素濃度が上がらないように換気しており

より良好な換気状態を保つように心がけております

当院は十分な感染対策を行い、withコロナに対応したクリニックです

みなさま、安心してご受診ください

引き続き感染対策(手洗い、うがい、マスクなどの咳エチケット)を忘れず行いましょう
tearai3_arau   ugai_woman_garagara  mask_smile_man